示談交渉

保険会社のパンフレットを見ていると、もしもの時には示談交渉を代行してくれるとあります。

実際多くの場合、保険会社の人がやってきて提示された書類にサインして
示談金を受け取るという運びになっています。


交通事故はほとんどの方にとって初めての経験となりますので
相場というものがわかりません。

 

夕日

ただでさえショックを受けているうえに、専門知識もないので個人が交渉するには
圧倒的に不利な状況にあるのです。


専門的な話になりますが、交通事故の損害賠償には自賠責基準、
任意保険基準、弁護士基準というものがあります。

 

弁護士基準は裁判例に基づき最も金額の高い基準です。

保険会社は通常安い任意保険基準で話を進めますので、こうした案件を
多数扱っている専門家を代理に立てて示談交渉を行うことで基準そのものが変わり、

正当な額の慰謝料を受け取ることができるのです。

見え方


費用が安く済む分、保険会社に示談交渉を頼んだ場合は
基本的に任せっきりになり、金額の支払いも言われるがままに
なることが多いですが、弁護士に依頼することで
別途費用がかかりますが、受取額が増額されたり客観的に納得のいく賠償を
受けられることはメリットが大きいと言えます。

 

無料相談を行っている事務所も多数ありますし、自動車保険に
弁護士費用特約がついているなら費用は保険から支払うこともできます。

 

損をしないためにも一度相談することをおすすめします。