相談

交通事故の被害者になってしまった場合、まず弁護士に相談をする事がお勧めです。

気分

慰謝料や示談金に関する交渉は、交通事故を起こした本人ではなく、
保険会社が事故を起こした本人に変わって行う事になります。


保険会社は示談金や慰謝料が多くなると、それだけ会社への負担が
大きくなる為、少しでも安く済むように交渉をしてきます。


更に、相手は交渉のプロの為、知識がない素人では
対等に会話が出来ない可能性が高くなります。


それに対して、弁護士は、しっかりとした知識があるだけでなく、交渉に関しても
しっかりとした能力を持っている為、保険会社とも対等に話をしていく事が出来ます。


弁護士に依頼をすると高くつくのでは、というイメージを持たれている方も
多いかもしれませんが、交通事故専門で依頼を受けている弁護士もいますので
下手に個人で保険会社とやり取りをするよりも確実に安全です。


その為、保険会社が提示する示談金や慰謝料が少なくても、我慢して
受け入れるしかないという状態を回避し、納得する事が出来る金額へと
変えていく事が可能となります。

危険がありそう


ですから、交通事故を起こしたら、個人で保険会社と交渉をするのではなく、
まず弁護士に相談をしてみる事がお勧めです。