HOME

安心の毎日に

交通事故を起こしてしまった場合、自分で保険会社と話し合うのと交通事故専門の弁護士が
交渉を請け負うのでは結果が異なるケースが少なくありません。

 

特に重要なのが交通事故でもらえる慰謝料が増えるということであり、事故によって自身が
被った被害を回復するためには弁護士に依頼をするのが効果的だと言えます。


ではどうして慰謝料が増えるのかというと、これは「裁判所基準」と呼ばれる基準を適用した上で
慰謝料を算定するからです。


通常、保険会社が慰謝料として提示してくる金額は自賠責保険の金額か、各任意保険が決定する金額です。

 

慰謝料

 

通常の自賠責保険によって算定される慰謝料はかなり低額になりますし、また任意保険でもやはり保険会社が
「支払ってもかまわない」という程度の金額しか出しません。


頼れる弁護士大手損害保険会社の業務受託を行う法律事務所はこちら。

 

裁判


ですが裁判所基準の場合は実際に裁判を起こして決着を付けた場合の額を基準としますから、
総じて高額になりやすい特徴があります。

 

交通事故における裁判基準|慰謝料の増額も可能!?

 

交通事故の慰謝料には3つの基準があります。
自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。


自賠責のものは、自賠責保険側によって一律に決められているものです。
被害者が加害者から補償を受けられない場合に備えての
セーフティーネットとしての役割を果たすべく、最低限の補償額を定めています。


任意保険のほうは、各保険会社が独自に決めているものです。
弁護士基準は裁判基準とも呼ばれており、裁判の判決によって得られる額をもとに算出しています。


任意保険基準と裁判基準には、2倍以上の差額があります。
自賠責基準と任意保険基準には、ほとんど差がありません。


慰謝料は、精神的被害に対する補償であり、本来算定が難しいものです。


ケースバイケースである要素も強く、個別に裁判をした結果、妥当な額がわかることになります。
裁判基準は、これまでの裁判結果から算出された数字をもとにしており、
裁判基準こそが妥当な金額であると言えます。


任意保険会社は営利企業ですから、自社負担額をゼロか、
もしくは最小限にするのが担当者の仕事となります。


交通事故関係については右も左もわからない被害者が個人で交渉しても
進展はありませんから、弁護士に相談することが望まれます。

自分の要望をしっかり伝えること

「万が一裁判に発展すればこうなる」ということを実際の判例に基づいて伝えた上で交渉をするのですから、
弁護士が交通事故の解決にあたった場合の慰謝料額は高額になるのです。


しかし中には、金額よりもとにかく平和に解決したいと望まれる方もいます。

 

こちらの意見をしっかりと聞いてくれて、正しい知識を理解しやすく教えてくれる人こそが、
信頼できる弁護士と言えるでしょう。