後遺症

安心の毎日に

後遺症

神戸において交通事故があり被害者が弁護士に依頼して、損害賠償を支払う旨の請求をして
加害者を訴えて、その訴えが認められた場合において、その後後遺障害が生じたときには
被害者は弁護士に依頼してさらなる金銭の請求をすることができるでしょうか。

 

この点において、その請求は、既判力により遮断されるとも思えますが、
交通事故における後遺障害のように、後遺症が発生したときにはその前訴の請求は、後遺症に関する損害を除いて
請求をしていたものと考えられるために、一部請求とみなすことができます。

 

それゆえに、後遺症に関する損害の賠償を求めるのは既判力により遮断されずに、請求することはできます。

 

味方をつける

 

そして、その交通事故に関する刑事事件においては被害者に後遺障害が生じたときには、被害者の
生理的な機能を害したことになるために、加害者につき自動車運転過失致傷罪や危険運転致傷罪などが
被疑事実として問題となることがあるでしょう。


こういった時にもトラブルに繋がりやすく、ややこしくなりますので信頼できる弁護士に交渉を依頼したり
相談できると安心です。

 

日頃から自分で知識を身につけることも重要ですが、それに加えて強い味方になってくれる弁護士の先生を
見つけておくことが大切です。