相談

安心の毎日に

交通事を起こした時の為に知っておきたいこと、実は色々あるものです。

神戸で交通事故に遭ってしまった時には、加害者と被害者の間で上手く話がまとまらないのであれば、
なんとか和解の方向に持って行かなくてはなりません。

話し合いが難航する


しかし、素人がお互いの言いたいことだけを言い合って主張しているようであれば、
いつまでたっても話をまとめることができずに、折り合いが悪くなってしまう事でしょう。

そうならないためにも、和解をしたいと思っているのであれば弁護士を雇うようにしてみることです。

交通事故は小さなトラブルだと思っている人が多いようです。
ですが実は、交通事故の処理にまつわるトラブルが多いんです。

特にどちらに責任があるかという問題。 これによって保険の金額や免許の点数など。
責任がある側に不利なことが多いからです。

これを避けたいととにかくトラブルになることが多いようです。

そうしたトラブルを避けるためにも、当事者だけの話合いではなく、第三者を交えることをオススメします。

第三者

もちろん第三者とは専門家のことです。
そうすることによって、事故処理のトラブルを解決するだけでなく、未然に防ぐこともできるのです。

弁護士に間に入ってもらうことによって、交通事故によって起きてしまった損害についても、
上手く相手と交渉してもらえるでしょう。

なので、全部自分で解決するのは骨が折れます。

時間もかかりますし、何より精神的に負担が大きいでしょう。
事故だけでもナーバスになるのに、そのうえお金の交渉なども絡んできますから。
やはり頼りになるのはプロです。

なかなか法律やお金のことが関係すると、知識がないと自分の力で解決は難しいものです。
煩わしくなる前にプロに頼る。
それが賢い方法ではないでしょうか。

基本的には、お礼は必要ないものと言えそうです。
それというのも、謝礼の金額を支払った時点で、十分な金額を支払っていることになりますので、無理ににお礼は必要ないのです。

しかしそれでも感謝の気持ちを伝えたいという事なのであれば、菓子折りに礼状を添えて渡すようにすると喜ばれることでしょう。